医学部に合格したいなら個別指導の塾に行くのが先決

企業の意図を考える

教材

採用を勝ち取る為に

就職の採用試験の際に必ずと言って良いほど良く聞かれるのが志望動機です。採用を勝ち取る為の志望動機を考えるにはまず企業側がなぜ志望動機を聞いてくるのか考えるべきです。企業側が志望動機を聞いてくるのは応募者が自社をどう思っているのかという事や入社してどんな仕事をしたいと考えているかを知るためです。また志望動機を聞く事でその応募者仕事に対する考え方が見えてくるのも志望動機を聞く理由の一つです。企業は採用を出し後の内定辞退者が多すぎるとかなり困ります。その為できるだけ自社を第一希望として考えている人を採りたいので、志望動機から会社どう思っているのか知ろうとします。また本人のしたい仕事の内容と企業側が考えている仕事の内容でミスマッチあると双方にとってデメリットなので、それも採用試験時に把握しようとするのです。企業側に伝える志望動機をあらかじめ考える過程でインターネットや面接試験対策の参考書に書いてある例文をそのまま面接で話したり、履歴書に書くのは良い方法ではありません。相手の担当者も多くの就活生相手にしてきているので、良く転用される例文などは把握しています。その為自分で考えたものではなく、テンプレートの例文を使っているだけと思われて印象が良くありません。志望動機の例文を参考にするのは良いですが、あくまで例文からは構成や言葉の選び方を学ぶだけにするべきです。その上で志望動機の内容は自分で考えたオリジナルの内容にする事が大切です。