医学部に合格したいなら個別指導の塾に行くのが先決

準備の大切さ

女子学生

力を出し切るために

面接対策というと、面接対策本を買ってきて模範回答を暗記しなければならない、と考えていませんか。そうした考えの人が驚くほど多いようですが、面接対策としてその方法は握手です。理由はいくつかあります。まずひとつは丸暗記した回答はど忘れしてしまいがちだということです。なぜなら面接本番の緊張感のある雰囲気の中、いつも通りのパフォーマンスを発揮することは至難の技だからです。しかも、丸暗記だと初めから最後まで順序だてて覚えているので、一部忘れてしまうと頭の中が真っ白になってしまいます。黙り込んでしまうのは面接で一番してはならないことです。ふたつ目は話し方が棒読みになってしまいがちになるからです。覚えてきたことを話そうとすると、どうしても思い出すことばかりに集中してしまいます。面接官もプロなので、心がこもっているかどうかはすぐにわかります。そもそも面接は素のあなたを知るために行われます。ですから、借り物の言葉を話すだけの優等生ではいけないのです。三つ目は周りと差をつけることができないからです。面接を受ける人の中には面接対策本を読み込んでくる人がたくさんいます。ですからどの人も似たような回答ばかりになって面接官に印象を与えることはできません。そうならないためにはどうしたらいいでしょうか。私は事前に話すことのキーワードだけ意識しておくことをオススメします。組み立ては質問に応じて柔軟に、あくまで自分の言葉で話しましょう。