医学部に合格したいなら個別指導の塾に行くのが先決

女子学生

進学とイベント活用

進学イベントは、受験を受ける高校や大学などの情報収集する機会として重要なものとなる。進学イベントでは、学校の採用担当者などから直接話を聴ける機会であり多くの学校が参加するため、情報収集には最適なイベントである。

集団塾での伸び悩みを解消

勉学

特徴を把握しましょう

医師になるための第1歩となるのが医学部に合格することであり、ここから医師になるための勉強が始まります。しかし医学部受験は他の受験より難しく、合格のためにしっかりした対策が必要です。一般的には予備校に通って受験対策を行いますが、医学部向けの予備校には集団指導塾と個別指導塾があります。ただどちらにも特徴があるので、一概にどちらが良いということはありません。しかし個別指導塾では講師と接する時間が長いため、より丁寧な指導が受けられます。カリキュラムも生徒にペースに合わせた内容となり、無駄なく効率良く勉強が進められます。医学部受験を意識すると、どうしても難しい問題をたくさん解いて他の受験生と差をつけたがります。そのため集団指導塾では、応用問題中心のコースを設けている教室が多いです。しかしながら、そこでの勉強で消化不良を起こしてしまう受験生が多いのです。授業の板書に精いっぱいで、その問題について考える余裕がなくなってしまいます。これを繰り返していると、いつの間にか自信を失ってしまい、医学部受験に対するモチベーションが低下します。一方個別指導塾では、生徒一人一人に適したレベルの問題を解いてもらいます。決して難しい問題にこだわる必要がありません。これを積み重ねることによって、自信がつくだけでなく、解ける問題の幅が広がります。更に分からないことがあれば、その場で講師に質問できるのが個別指導の良いところです。集団指導塾で伸び悩んでいると感じたら、個別指導を活用することも一つの方法です。

教材

価格や遍歴

フリースクールは社会的な意義を持った学校です。公立の学校になかなかなじめなかった児童の受け皿として機能しているからです。価格やこれまでの遍歴について知るとフリースクールに通いやすくなります。

女子学生

準備の大切さ

面接で大切なことは、自分の言葉で考えを伝えるということです。面接対策として模範解答を用意することも悪くはありませんが、回答を暗記するよりも、様々な知識を頭に入れてどんな質問にも柔軟に答えられるようにしておきましょう。